久しぶりの本格和室

最近は住宅を提供する側の私たちの感覚でも減ってきたことを実感する和室

それも二間続きの真壁和室

真壁とは和室の内装で構造柱が表面に現れる壁の仕上。

構造材がそのまま仕上になるという事は大工造作も神経を使う上に事前に工場で刻めない部分は全て大工の手で刻みながら作業を進めるため多くの時間が必要です。

また鴨居や長押、床の間や仏間といった和室特有の部材の納まりもあり手先の技術だけではなく3次元の納まりイメージや作業順序等の先を読む力が求められる作業です。

大工さんとのティータイムでの世間話も気づけば長押の納まりについての講義を受けることになっていました。(ありがたい)

熟練の大工さんはホントに頼もしい。

とても勉強になるお仕事でした。